当院では滅菌・消毒を徹底しています

専用の滅菌器を使用し、かつ個別に器具をパックして完全滅菌します。使用直前に開封しますので、完全無菌状態です。
また、目に見えない汚れまで落とす、超音波洗浄機を使用した上で、滅菌・消毒をして感染対策をしています。

複雑な形状をしているため滅菌しづらい、歯を削るドリルなども専用機器によって消毒しています。

基本診療器具の滅菌の流れ

器具の洗浄

使用された治療器具を回収し、洗剤で洗った後、水ですすぎ乾燥させます。

超音波洗浄

消毒液と超音波振動で、見えない部分の細かい汚れまで落とします。

パッキング

各器具を滅菌用パックの耐熱シートに入れてヒートパックします。

滅菌

ヒートパックした器具を高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)で滅菌します。

ハンドピース洗浄

歯を削るタービン等、歯科用ハンドピースはさらに専用の滅菌器を使用して殺菌・消毒いたします。
以上の工程を経て滅菌された器具が治療の際に使用されます。

滅菌機器の紹介

高圧蒸気滅菌器

高速エアタービン類の滅菌は、日本よりも基準の厳しいヨーロッパ規格に適合した滅菌性能クラスSタイプの高圧蒸気滅菌器を使用し患者様ごとに滅菌しております。

高圧蒸気滅菌器

滅菌性能で最も厳しいBタイプ規格をクリアした滅菌器を仕様しています。滅菌した器具は滅菌パックにそのまま保管し、治療をする直前に開封します。

ハンドピース洗浄機

歯を削るドリルに用いるタービンなどのハンドピースの内部を洗浄・注油します。