院内設備の紹介

歯科用マイクロスコープ

視野を肉眼の3~20倍に拡大することで、より正確かつ精密な作業が行えます。

サージカルルーペ

高倍率で拡大して細かな治療が行える拡大鏡です。

歯科用CT

低被曝量でレントゲン撮影を行える歯科用CT・デジタルレントゲン機器です。
歯科用CTでは精密な3次元画像により正確な診断が可能になっています。

インプランター

インプラント手術の際にインプラントを顎の骨に埋め込むための機械です。
コンピューター制御によって迅速かつ正確なインプラント治療が行えます。

ダイアグノデント

歯に当てたレーザー光の反射を解析し、歯質やむし歯の状態を調べる装置です。
早期の段階からむし歯を発見し、処置または予防できます。