親知らずの抜歯

TEL06-6411-8009

アクセス立花より徒歩5

診療時間
09:30 ~ 13:30 / /
15:00 ~ 20:00 / /
  • ▲15:00〜18:00
  • ◆09:00〜13:00 /14:00〜17:00
無料メール相談
24時間web予約
キービジュアル

MENU

痛み」が少なく
安全性」に配慮した抜歯を実践

CT撮影
熟練のドクターが担当

「抜歯が必要ない」親知らずもあります

「親知らずは時間に余裕があるときに抜いておいたほうがいい」と言われた人も多いかもしれません。

しかし、親知らずを放置していた結果、忙しい時期に痛み始めることもありますので、まずは気になったら歯科医院にご相談いただけたらと思います。

親知らずは必ず抜歯しなければならないものではなく、ケースによっては抜歯しなくてもよいことがあります。

では、親知らずを抜歯するメリットとデメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にして、どうするか検討してみてください。

親知らずを抜歯する「メリットとデメリット」

メリット

  • ・日々のブラッシングがしやすくなることで虫歯・歯周病の予防になる
  • 親知らずが原因の口臭/磨き残しが改善される

デメリット

  • ・治療後、腫れることがある(腫れた場合でも数日で治まります)
  • 抜歯することで空いた穴に食べ物が詰まることがある(約1ヵ月間ほど)

例えば、激しい痛みが生じていたり、親知らずが虫歯になってしまっているようなケースでは抜歯をお勧めします。一方、何の痛みもなく、また正常な位置に正常な方向で生えている場合には、抜歯の必要はありません

患者さんによって親知らずの状態は異なりますので、一度来院されて、簡単な診断を受けていただくことをお勧めします。

より「安全」で「高精度」な抜歯をするために

当院の取り組みをご紹介します

CT(三次元立体画像撮影装置)による事前の診査診断

CT(三次元立体画像撮影装置)による事前の診査診断

当院にはCTという機器を導入しています。
CTは「立体的な撮影が可能になるレントゲン」のようなもので、患者さんの歯や顎の骨の状態がどうなっているかを、より詳しく、より正確に診断するために必要な検査装置です。
親知らずが生えている方向、位置は人によって異なり、抜歯の難しさもまちまちです。治療をより正確に、適切に行うために、CTでの事前診断は欠かせません。

「妊娠前の女性」に親知らずの抜歯をお勧めする理由

「妊娠前の女性」に親知らずの抜歯をお勧めする理由

妊娠するとホルモンバランスが崩れ、その影響で親知らずが痛くなることがあります。そのため、「妊娠前」の女性には親知らずの抜歯をお勧めしています。

妊娠してからじゃダメなの?」と思う方もいるかもしれませんが、あまりお勧めはできません。検査や治療で使用するレントゲンや痛み止め、抗生物質は、おなかの赤ちゃんに悪い影響を与える可能性があるからです。

そうなると「痛いのを我慢する」しかなくなりますが、それにも限界があります。なので、妊娠予定の方は早めの抜歯を検討していただきたいところです。

親知らずQ&A

親知らずが生えてくることで手前の歯が押され、歯並びが悪くなるって本当?
こちらもケースによります。歯が押されてしまい歯並びが悪くなる場合もありますので、しっかり診査診断を行い適切な処置をご提案いたします。
どんな親知らずでも抜歯してくれますか?
ほとんどの場合は当院で抜歯しますが、以下の場合は大学病院等の専門機関にご紹介させていただいております 。

・心臓病や重度の糖尿病などの全身的なリスクが非常に高い方(通常の高血圧などは問題ありません)
・極度の歯科恐怖症で、抜歯時に全身麻酔が必要な方
・親知らずを抜歯する際、神経や血管を損傷する可能性が非常に高い場合

親知らずの抜歯以外の「口腔外科」に関してもお任せください

顎関節症やスポーツでの外傷口内炎などにも対応していますので、まずはご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

【電話でのお問い合わせ】

電話でのお問い合わせ06-6411-8009

【住所】

〒660-0054
兵庫県尼崎市西立花町3丁目4-1 パークビル1階

このページのトップへ