虫歯

TEL06-6411-8009

アクセス立花より徒歩5

診療時間
09:30 ~ 13:30 / /
15:00 ~ 20:00 / /
  • ▲15:00〜18:00
  • ◆09:00〜13:00 /14:00〜17:00
無料メール相談
24時間web予約
キービジュアル

MENU

歯医者に対する「不安」や「不満
私たちが解消します。

痛み」が少ない
削る量」が少ない
神経」を守る

「痛みを減らす」治療法

「痛みを減らす」治療法

歯の治療は痛くてツラいとイメージされている方も多いようですが、現代の技術を活用すると、痛みを大幅に軽減することができます。当院では治療時の痛みを最小限にするため、様々な工夫を行っています。

  • STEP1表面麻酔

    麻酔注射時の痛みを軽減するため、事前に表面麻酔を行います。表面麻酔は歯茎にしみこませるタイプの塗り薬のような麻酔薬ですので、表面麻酔で痛みを感じることはありません。

  • STEP2針は極細のものを使用

    注射針が細いほど刺した時の痛みは小さく済みます。当院で使用しているものは、現在国内で流通しているものの中でも最も細いタイプの針を利用しています。

  • STEP3麻酔液を37℃程度まで温める

    注射する麻酔薬の温度は、人間の体温に極力近付けます。こうすることによって、麻酔液が体内に入った時の不快感や痛みを減らすことができます。

  • STEP4電動麻酔注射器を利用

    注射液を押し出す速度が速すぎると、痛みの原因となります。電動麻酔注射器は、コンピュータ制御により、患者さんが痛みを感じにくい理想的な速度で麻酔薬を注入することができる機械です。

  • STEP55倍速コントラ

    コントラは、いわゆる「ドリル」のような歯を削るための機械です。5倍速コントラは従来のコントラの5倍の回転スピードがあるため、歯を削る際に生じる振動が小さくなり、痛みや不快感が軽減されます。また、歯を削るときに発生する「キュイーン」という不快な高音もほとんどしないため、音が苦手という方でもリラックスして治療を受けていただけます。

「笑気ガス」を用いてさらにリラックスした状態での治療も可能

「笑気ガス」を用いてさらにリラックスした状態での治療も可能

笑気ガスは「亜酸化窒素」と呼ばれる気体で、吸入するとふわふわとした気持ちになり、痛みや恐怖を感じにくくなる効果があることから、鎮痛薬や全身麻酔の目的で利用されています。当院では、特に歯科治療が苦手な方や、口の中に指を入れられた時の嘔吐反射が強い方などを対象に、笑気ガスを利用した治療も行っています。

「削る量」を最小限にとどめる

「削る量」を最小限にとどめる

歯は、一度削ってしまうと、二度と再生しません。そのため必要最小限に感染部位を削り取る必要があります。歯を削る量を最小限に抑えるためには、機器の精度、歯科医師の技術力など、様々な要素が高いレベルで満たされている必要があります。当院では、技術レベルはもちろんのこと、機器の精度も高めることで削る量を減らすことを目指しています。

  • 取り組み1「高倍率拡大鏡」や「マイクロスコープ」の活用

    肉眼で見える範囲は限られており、精密な治療が必要となる歯科ではルーペなどの活用は欠かせません。当院では、高倍率拡大鏡やマイクロスコープを利用しています。これによって、肉眼よりも精度高く患部の状況を把握しながら治療を行うことができます。

    • 高倍率ルーペとマイクロスコープ
    • 高倍率ルーペとマイクロスコープ
  • 取り組み2ダイアグノデント

    実は「虫歯に見えてもそうではない歯」や「虫歯には見えないが、実は虫歯になっている歯」が存在するのですが、ダイアグノデントを使用することで目視では確認しきれない虫歯の状況を、科学的に判断することが可能になります。この機器を利用することで虫歯の早期発見や、削る必要のない歯を削ってしまうリスクを防ぐことが可能になります。

  • 取り組み3う蝕検知液

    う蝕検知液は、虫歯になっている箇所を赤く染める液体です。実際に治療すべき箇所が着色されるため、治療の際の目印として非常に役に立ちます。従来の方法では、虫歯に侵食されて柔らかくなっている部分を感覚に頼って削っていましたが、この方法により健康な歯までを削るリスクを抑えることができます。

「歯の神経を守る」ために

「歯の神経を守る」ために

歯の神経を抜いてしまうと、その歯に栄養が行き届かなくなるため、もろくなり、最終的には抜歯に近づきます。当院では、新しい技術を取り入れることによって、可能な限り歯の神経を残す処置を行います。

  • バイオセラミック

    当院では、歯の神経を守るため“虫歯を削らないで殺菌する”という方法を取り入れています。専門的な話になってしまうので割愛しますが、通常、歯の神経を除去しなければならならないケースであっても、バイオセラミックという材料を利用することで歯の神経を残しながら治療をすることができるようになります。

  • MTAセメントの活用

    MTAセメントはバイオセラミックのような効果がある材料です。歯科治療の現場で多くの実績がある素材です。当院でも治療の際に活用し、多くの患者さんの歯を守っています。

「再発を防ぐ」ために

「再発を防ぐ」ために

一度虫歯になってしまうと、同じ歯や、隣の歯が虫歯になってしまう事があります。何度も虫歯が再発している患者さんも多いでしょう。中には「虫歯になることは仕方がない」と割り切っていらっしゃる方もいると思います。しかし、虫歯の再発は防ぐことができます。もちろん、ご家庭でのブラッシングは必須となりますが、歯科医院側でも行えることがありますのでご紹介します。

  • 殺菌水で口内環境をリセット

    虫歯は菌による感染症です。そのため、虫歯の原因となる菌をしっかり除去・殺菌することで、再発リスクを軽減することができます。当院では、強い殺菌力を持つ「殺菌水」を活用することで、口内で増えすぎた虫歯の原因菌を減らす治療を行います。下の画像は、殺菌水を使う前と使った後の、菌の繁殖量を比較した画像です。使用後は細菌数が大幅に少なくなっているのが確認できると思います。

コラムコラム―「最短1日・低価格」で銀歯を白くできます

これまで「銀歯」で対応していた部分を、白い素材で対応できるようにしたのが「ダイレクトボンディング法」です。銀歯よりも適用範囲が狭いですが、次のようなメリットがあります。

メリット1:1日で終了

メリット2:歯を削る量が少ない

メリット3:虫歯が再発しにくい

メリット5:白いので目立たない

上記の他、「歯の表面についた傷の補修」「軽度なすきっ歯の改善」「欠けた歯の補修」にも適用できます。興味のある方はお問い合わせ下さい。

※ダイレクトボンディング法での治療。時間の経過とともに変色するリスクがあります。

虫歯「治療後」の詰め物・被せ物の種類

虫歯治療の後に行う詰め物・被せ物には様々な種類があります。
安価に行える銀歯は保険適用となりますが、金属アレルギーの方には使えない治療方法ですし、金属色が目立つという難点があります。また、耐久性も必ずしも高いとは言えません。

一方、保険適用外となる治療方法は、安全性、審美性、耐久性などの観点から優れた素材が多いのですが、自費診療となってしまうため高額な治療費が必要となります。

どちらにもメリット・デメリットがあり、また適用症例も異なりますので、当院では患者さんのお口の状態や希望などを総合的に判断したうえで、もっとも適切な素材での治療をご提案しています。

詳しくは料金表をご参照の上、治療の際にご相談いただければと思います。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

【電話でのお問い合わせ】

電話でのお問い合わせ06-6411-8009

【住所】

〒660-0054
兵庫県尼崎市西立花町3丁目4-1 パークビル1階

このページのトップへ