歯並びが心配… 悪い癖がある…

お子様の成長を一緒に見守らせていただく中で歯並びの心配があった場合、お子様の成長する力を利用した子どもの矯正を行います。
お子さまの矯正は大きくなろうとする力を使います!

歯がガタガタになってしまう大きな理由として、生えてくる大人の歯の大きさに対して、顎が小さいことがあります。
小さくても、毎日少しずつ、背や体重と一緒に顎も大きく広くなっています。

しかし、その成長が足りない…
もっと大きく広がらないと歯は収まりそうにない。

そんな場合は、専用の器具を用いて、顎の成長がより進むように少しお手伝いしてあげましょう。

歯を抜いて無理やり動かしたりしないため、痛みも少なく、短時間の矯正が可能になります!

料金表

※税抜価格です

特に、重要なのは舌の位置​

舌はリラックスした時、舌先を上の歯ぎりぎりにおいて、舌全体を上顎に沿った状態にあります。
しかし、お子様の成長の過程で、舌が下顎に沿って落ちてしまっている場合があります。

舌はとても柔らかいけれど歯並びに大きく影響を及ぼします!

上顎に沿った舌

上顎を拡げて正しい噛み合わせと歯並びに。
お口もしっかり閉じた鼻呼吸。

下顎に沿った舌

下顎を拡げて反対咬合の可能性。
上顎が拡がらずに大人の歯が入りきらずにガタガタ。
空気の通り道を塞ぐので口呼吸へ。

舌先が前に出すぎる

前歯の間に隙間ができる開咬になる可能性。
前歯を押すと出っ歯になる可能性。