子育ては楽しいことや幸せもたくさんありますが、不安がいっぱいですね。
初めてのお子さんの場合、なにをどうしてよいか右往左往。
2人目、3人目のお子さんの場合でも、兄弟姉妹、同じようには育ってくれません。
どうぞ、不安なことは一人で悩まないでください。

  • 歯みがきはいつからやり始めればいいの?
  • 嫌がって歯みがきさせてくれない…どうしたらいいの?
  • どんな歯磨剤を使ったらいいの?
  • 指しゃぶりが治らない!
  • 転んで歯をぶつけちゃった!大丈夫かな?

私たちはお父さん、お母さんの味方です。​

お口のことだけかもしれませんが、専門知識と経験をいっぱい詰め込んだ優秀な歯科医師と衛生士がドン!とお待ちしています。

お子様の成長を一緒に心配し、一緒に喜べる。
親子のそばにそっと寄り添う…いえいえ!後ろからガッチリ支えるような安心安定の歯医者さんでいたいと思います。

だからお父さん、お母さん。安心していらしてくださいね。
大人の笑顔がお子さんに「歯医者さんは楽しいところなんだ!」と思ってもらえるのですから!

0歳からのむし歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には…もちろん歯はありません。
1歳前後から、可愛い前歯がちょこんと顔を出してきます。
まだ歯がないから歯医者さんは必要ないでしょ?

歯がなくても、もうむし歯になるキケンなお口になっているかもしれません!

知ってた? むし歯は感染症

キスでむし歯はうつります!​

お父さん、お母さんは、むし歯ないですか?

自分で歯がみがけない赤ちゃんは、保護者の方がケアして、これから一生お付き合いしていくお口の土台を作ってあげないといけません。

まずは保護者の方が正しい知識とメンテナンスを行いましょう。

食事のあと、家族が当たり前に歯をみがく。
その「当たり前」がお子さんのむし歯を「0」にします。

よくあるご質問

歯が少しでも生えたらリスクも考え指導します。

定期的にフッ素を塗ること、シーラントをすることなど医院でおこなえることもあります。
毎日の歯みがき習慣や仕上げみがき、おやつの取り方などの生活習慣がとても大切です!

正しいケアの仕方を丁寧に説明しますので安心していらしてくださいね。

歯がぐらついたり、変色してきたら来院ください。折れていたり、一時的な脱臼のようになっているかもしれません。

折れた歯を水洗いなどせずに、牛乳または、お口の中に入れて乾燥させないようにして大至急お電話ください!歯をくっつけることが出来るかもしれません!

ぜひ、前歯が生え始めたらご来院ください。
「矯正」という選択肢の前に、「お口を育てる」ことで歯並びが良くなることが多くあります!

お口は「育てる」ものです。

お口には「食べる・呼吸する・話す」という生きるために必要な重要な機能があります。
赤ちゃんはお母さんのお腹の中から、お口が上手く働くように訓練をしています。

お腹のエコー写真で指を加えているを姿みたことありませんか?

おっぱいを飲む時も、乳首に舌を巻きつける動きをします。
離乳食の練習も、まずとろとろの十分粥をスプーンから受け取るお口の動かし方を学んでいるのです。

しかし、お口の中のこと。

赤ちゃん自身が自分で試行錯誤していく中で、動かし方の「癖」がついてしまうことがあります。

お子様のお口の状態チェックシート

  • お口が「へ」の字型になっている
  • 口呼吸・お口がポカンと開いていることが多い
  • 笑ったときに、上の前歯に隠れて下前歯が見えない
  • 指しゃぶりがいつまでもやめられない
  • いつも舌が歯の隙間から溢れている
  • いつも歯を噛みしめている・夜中に歯ぎしりやいびきがある
  • 姿勢が悪い
  • 唇が分厚い
  • 口を閉じると顎に皺ができる
  • 口臭がする
  • 二重あご
  • 下唇を吸ったりくわえたりする

1つでもチェックがついた場合、お子様の成長に良くない癖がついているかもしれません。​
「悪い癖」は歯並びだけでなく、全身の成長や病気の引き金になる場合があります。

  • アトピー
  • 姿勢の崩れ
  • 喘息
  • お顔立ちの崩れ
  • 花粉症
  • 発音のしにくさ
  • 鼻炎
  • 消化吸収しにくい
  • むし歯
  • 学習能力の減少
  • 歯肉炎
  • 歯並び
  • 顎関節

悪い癖に早く気づき、正しくお口を機能させることで、お子様は健康に育っていきます。

小さいころから歯医者さんにくることは
お子様の成長の下地を整えるためにも必要なことなのです。